作品のページ

今回は、『額絵』 の一部をご紹 介いたします。
母は 大きなサイズの額を沢山、製作しており、
宗教画を基に自分で画いたものも沢山ありますので、
順次ご紹介していきたいと思っております。



  画像をクリックして下さい。大きな画像でご覧いただけます。



薔薇 テキサスの黄色い薔薇  縦35Cm 横26Cm  国光 勝子 作

1982年秋アメリカ テキサス州ヒューストンで開かれた ANG
{American Needlepoint Guild, Inc.}のナショナルセミナーに於いて
募集された“The Yellow Rose of Texas”に応募して、ブルー リボンを
頂戴した作品です。今まで使われていた図柄ではなく自分でデザイン
した図柄をぼかしの技術を駆使して刺したものです。母の好きだった
ブルーの地色と美しい薔薇と葉に、当時私も講習講師として出席して
おり、表彰式では代理として沢山の賛辞を頂きました。


マリアさま
マリアさま            国光 勝子 作
MATER ADMIRABILLIS 

マリアは『絽刺しの楽しみ』の21ページにも載っていますが、
これは別の作品です。
1800年代、北イタリアのある学園でシスターが画いた壁画の模写を
絽刺しにしたものです。
これは旗に付けたもので、5月はマリアの月といわれているので、
行事の時よく使われ、現在聖心女子学院に保管されています。
母はこの旗に使われている作品を刺し、30年位経ってから、
本に載っている作品を刺しました。2度も同じ模写をする位
このマリアさまに思い入れがあったのだと思われます。

帯3全体帯  "蜀江文様"     国光 勝子 作

この柄は、中国の蜀(四川省成都に近い地名)からの蜀江錦で、
伝来したものが法隆寺に収蔵されているそうです。
文様は雲竜,牡丹、唐草、亀甲等で、緋地に黄と濃藍など色彩が
あざやかで、豪華な帯地などに写して用いられていました。
母は彼女独特の色彩で、自分の為に茶色の帯地に
(実際には全体帯なので、帯の色は出ませんが)紫を使い
大変格調の高いものに仕上がっています。
帯4全体帯  "さらさ"        国光 勝子 作
  
更紗と言うと南方系の強烈な色彩を思い浮かべますが、
母が晩年に近くなって製作したもので、母オリジナルの
デザインです。ごく薄い紫地(ピンクに近い)濃いローズ、
中ローズ、薄いローズに何種類かの水色を合わせた、
たいへんマイルドな、でも母らしい色使いになっています。

 トップページ




inserted by FC2 system